WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【POG】2歳戦独断評価 クロワデュノール好タイムで快勝「強かった」と北村友も評価

好タイムで初陣を飾ったクロワデュノール(右)

 8、9日の東京、京都、函館を舞台に2歳新馬戦が計6レース行われ、日曜東京5R(芝1800m)をキタサンブラック産駒のクロワデュノールが2番手から抜け出して快勝。好スタート、道中の折り合い、追い比べでの加速とセンスあふれる内容を見せ、逃げた1番人気のアルレッキーノ(2着)を退けた。勝ち時計の1分46秒7は東京芝1800mの新馬戦では歴代最速。鞍上の北村友も「強かったと思います」と評価した。
先週の新馬勝ち馬評価一覧
クロワデュノール(牡、父キタサンブラック、栗東・斉藤崇)
日曜東京5R・芝1800m、北村友「いい形になりましたね。切れ味勝負だと分が悪いと思ったので、4角から早めに動かしていきました。強かったと思います」(レース評価A、将来性★★★★)
コートアリシアン(牝、父サートゥルナーリア、美浦・伊藤大)
土曜東京5R・芝1600m、菅原明「スタートで遅れましたが、掛かりそうな馬なのでかえって良かったのかも。終始手応えは良く、追ってからもいい脚を使ってくれました。テンに我慢するような競馬を、これからもしていってほしいですね」(B、★★★★)
エメラヴィ(牝、父オルフェーヴル、栗東・松永幹)
日曜函館5R・芝1200m、横山武「すごくいいレースができました。調教で張るしぐさを見せていたけど、実戦では素直で乗りやすく、いいポジションを取れました。最後は外へ逃げるようなところはあったけど、新馬としてはいいレースができたと思います」(B、★★★)
サニーサルサ(牝、父マインドユアビスケッツ、栗東・高橋康)
土曜京都5R・芝1600m、永島「口向きやテンション面で子どもっぽさはあるけど、スタートセンスが良く、終始集中して運べました。促して反応に戸惑う面はありましたが、こういう経験を生かして良くなってくると思います」(C、★★★)
ヒデノブルースカイ(牡、父ナダル、栗東・梅田)
土曜函館5R・芝1000m、高杉「最初のコーナーで強引に入って、ほかの馬に迷惑をかける危ない騎乗していまい、申し訳ありませんでした。馬は厩舎の方がしっかり仕上げてくれて、動ける状態にありました。まだ幼さは残っているけど、これから良くなってくれると思います。スピードがあります」(C、★★★)
ポートデラメール(牝、父ナダル、栗東・斉藤崇)
日曜京都5R・芝1200m、団野「能力の高さは感じていましたが、競馬場に来るとパドックのテンションや返し馬のしぐさやゲートなど、幼いところがあって、課題が出てきたなかでした。それだけまだまだ上積みがあると思いますし、順調にいってくれればと思います」(C、★★★)
(レース評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階。将来性評価は★5が最高)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP