WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【地方競馬】サヨノネイチヤがデイリー盃・大井記念を制覇

 バーデンヴァイラー(左)と競い合うサヨノネイチヤ(撮影・持木克友)

 「デイリー盃・大井記念」(15日、大井)

 勢いは止まらない-。小雨降る中、1番人気のサヨノネイチヤが破竹の7連勝を達成。逃げ粘る5番人気バーデンヴァイラーをゴール手前で半馬身かわし、重賞3連勝で初のS1タイトルを手にした。上位2頭には「帝王賞・Jpn1」(6月26日・大井)への優先出走権が与えられた。2番人気のセイカメテオポリスは向正面から手応えが怪しくなり、3着に押し上げるのがやっとだった。

 一線級相手に背負う同斤量の57キロも、勢いに乗るサヨノネイチヤにとっては不問だった。

 レース直前になって降り出した雨の中、逃げたバーデンヴァイラー、2番手ランリョウオーの直後をすんなりとキープ。道中は内々で脚をためると、4角入り口では前を行くのは1頭だけ。最大のライバル・セイカメテオポリスが後方でもがくのとは正反対に、抜群の手応えで直線へ。「森さんの馬も手応えが良かったけど、ボクのはそれ以上にいい手応え。いい脚を使ってくれました」と西啓太。ラスト100メートル過ぎで先頭に立つと、しっかりとしたストライドでゴール板を駆け抜けた。

 デビューから14戦12勝(2着2回)とし、いまだ連対を外していない。5歳にしてS1初制覇。トップホースの仲間入りだ。とはいえ、常に危うさも備えているパートナーに、付きっきりでケイコをつけてきた主戦。前走のブリリアントCではゴール前で左右に寄れるやんちゃぶり。「きょうはまっすぐ走ってくれましたね」と恥ずかしそうにしたが、「S1まで勝ちました。強い馬です」と胸を張った。苦労が結果として表れる。ジョッキー冥利(みょうり)に尽きるものだ。

 坂井英師も「帝王賞を目標としてきたので、今回は目いっぱいの仕上げじゃなかった。その中で、このメンバー相手にどれだけやれるかだったけど期待以上。うれしいですね」と声を弾ませた。最高の流れに乗って次走はいよいよ、JRAの強豪が参戦してくる今春最大の大一番だ。

 「強い相手になればなるほど真面目に走る馬。自信を持っていきたい」と主戦が力を込めれば、トレーナーも「厳しい戦いになると思うけど、連勝を伸ばしていきたい」ときっぱり。いったいどこまで強くなるのか。ダート界のニュースターの進路は限りなく良好だ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP