WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【シルクロードS】トウシンマカオ 向かい風切り裂いた 状態バッチリ!重賞連勝イケる

 余力十分の走りを見せたトウシンマカオ

 「シルクロードS・G3」(29日、中京)

 この冬最大の寒波に見舞われた25日の東西トレセン。美浦では京阪杯覇者トウシンマカオが好仕上がりをアピールし、スプリンターズS2着のウインマーベルも文句なしの反応で併入。栗東ではマッドクールが豪快な脚さばきを披露と、それぞれ寒風を吹き飛ばすかのような動きを披露した。

 強烈な向かい風を切り裂き、抜群の走りを披露した。オパールS-京阪杯を連勝して勢いに乗るトウシンマカオは美浦Wで併せ馬。ヴォルケニック(4歳1勝クラス)を先導する形から、直線は引っ張り切りの手応えで僚馬を待つ余裕すら見せた。最後は馬体を並べてフィニッシュ。6F85秒2-39秒0-12秒3を計時した。

 高柳瑞師は「折り合いもいいし、動きも良かった」と及第点を与える。昨年のキーンランドC4着からスプリント路線に転向して、才能を開花させた。「もともとスプリント志向のあった馬。昨春はNHKマイルC(8着)を目指していたので我慢を覚えさせながら使っていたが、あれがあったから今がある」と満足げにうなずいた。

 ハンデは58・5キロ。「そんなに大きい馬じゃないので斤量はこたえるかもしれない」としながらも、「今週からBコースになるのはいいと思う」と前を向いた。目標とする高松宮記念へ向けて、重賞連勝で弾みをつける。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP