WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ヴァンドギャルドはサウジCに選出

 「有力馬次走報」(25日)

 ◆サウジCデー諸競走(2月25日・キングアブドゥルアジーズ)の動向。ネオムターフC・G3(芝2100メートル)に招待されていたヴァンドギャルド(牡7歳、栗東・藤原)はサウジC・G1(ダート1800メートル)に選出され、こちらを受諾。シルヴァーソニック(牡7歳、栗東・池江)がレッドシーターフHC・G3(芝3000メートル)、レシステンシア(牝6歳、栗東・松下)が1351ターフスプリント・G3(芝1351メートル)を受諾。リヤドダートスプリント(ダート1200メートル)連覇を目指すダンシングプリンス(牡7歳、宮田)は、レーンとの新コンビで臨むことが決まった。

 ギルデッドミラー(牝6歳、栗東・松永幹)はリヤドダートスプリント、ユニコーンライオン(牡7歳、栗東・矢作)はネオムターフC、ユーバーレーベン(牝5歳、美浦・手塚)はネオムターフCとレッドシーターフHCをそれぞれ辞退。サウジダービー・G3(ダート1600メートル)にはテラステラ(牡3歳、栗東・矢作)、クルゼイロドスル(牡3歳、栗東・高橋忠)、フロムダスク(牡3歳、栗東・森)が選出され、テラステラとクルゼイロドスルが辞退。フロムダスクの諾否は未定。

 ◆有馬記念5着のエフフォーリア(牡5歳、美浦・鹿戸)が25日に放牧先から帰厩。「このまま京都記念(2月12日・阪神、芝2200メートル)まで進めていければ」と鹿戸師。

 ◆AJCCを勝ったノースブリッジ(牡5歳、美浦・奥村武)は、在厩で調整を続けて予定通り大阪杯(4月2日・阪神、芝2000メートル)を目指す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP