WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【POG】テンペスト 名牝シーザリオ最後の子挑む 国枝師「素直で前向きな気性。能力を感じる」

 テンペスト

 「新馬戦」(28日、東京)

 日米オークスを制した名牝シーザリオ最後の子テンペスト(牝3歳、父ロードカナロア、美浦・国枝、写真)が、28日東京6R(芝1600メートル)でベールを脱ぐ。当初予定していた12月の新馬戦は、左前球節の腫れで出走取り消しに。

 ここは仕切り直しの一戦となるが、1週前の美浦Wで6F83秒9-11秒5の好時計を楽々とマークするあたりはさすがだ。「素直で前向きな気性。能力を感じる」と国枝師も期待を寄せる。横山武とのコンビで華々しく門出を飾りたい。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP