WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【シルクロードS】マッドクール 重賞初挑戦初V狙う 池添学師「上の方に行くのだろうな」

 勢いに乗って重賞に初挑戦するマッドクール

 「シルクロードS・G3」(29日、中京)

 先週の東海Sはプロミストウォリアが条件戦から一気の4連勝でVを射止めたが、今週も同じような戦績の馬が1頭。目下4連勝中の外国産馬マッドクールだ。破竹の勢いそのままに、上がり馬が重賞初挑戦で大仕事を成し遂げる。

 ここまでの4連勝全てが、モノが違うと言わんばかりの完勝劇。池添学師は「デビュー前からすごくいい動きをしていましたし、未勝利戦を勝った時から“上の方に行くのだろうな”というのはありました」と、早い段階から大器の片りんを感じ取っていた。デビューからの2戦はともに3着に敗退。だが、千六の距離、そしてダートとそれぞれに敗因は明確だ。自身が最も輝ける条件を見つけた今なら、もはや敵はいない。

 1週前の栗東坂路で4F52秒8-37秒9-11秒8と文句なしの動きを披露したように、態勢は万全だ。「今回は一気に相手が強くなりますが、その分の斤量差もありますからね。ここで賞金を加算できなければ、高松宮記念も厳しくなるので」と指揮官。見据える大舞台に向けて、最高の形でスタートを切ってみせる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP