WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【神戸新聞杯】プラダリア パワーアップ!池添学師「つくべきところに筋肉」

 力強い脚さばきで栗東CWを駆けたプラダリア(撮影・石湯恒介)

 「神戸新聞杯・G2」(25日、中京)

 ダービー5着以来、4カ月ぶりに復帰するプラダリアが22日、栗東CWで最終リハ。単走でしまい強めに追われ、上々の動きを披露した。騎乗した池添のジャッジは辛口ながらも、時計的には十分動いている。先に見据える菊花賞(10月23日・阪神)へ向けて、存在感を示したいところだ。

 天気の移り変わりが激しく、時折、強い雨に見舞われた木曜の栗東トレセン。朝一番のCWに登場したプラダリアは、主戦の池添を背に単走で追い切られた。真正面から雨風を受けながらも、しまい強めに追われて6F83秒6-37秒6-11秒7を計時。脚さばきは力強く、さすがは重賞ウイナーと思わせる迫力を感じさせた。

 しかし、2週連続で感触を確かめた主戦は「もう少しピリッとしてくれると思ったけどね」と上昇度にやや不満げ。続けて「動き自体は悪くないけど、気持ちの部分で戦闘モードに入っていない感じはあります」と思いをストレートに伝えた。

 だが、それは求めるレベルが高いからこそ。秋の大目標はもちろん、最後の1冠・菊花賞だ。ともに歩を進めるパートナーへ向けて「春の段階から、秋は当然期待していましたからね。状態が上がっていく段階の中でも、格好はつけてほしいです」と前哨戦から奮起を期待していた。

 ダービー出走組では最先着の5着。池添学師は「一線級とは初対戦でしたが、通用すると思っていました。実績上位の馬に食らいついていたし、秋に楽しみが持てる内容でした」と振り返る。

 期待馬が夏の休養でパワーアップ。指揮官は「春に比べて大幅に増えてはいませんが、つくべきところに筋肉がついてきた」と思惑通りの成長ぶりに目を細める。土台は固まってきただけに、あとは主戦が指摘する気持ちの問題だけ。最後のひと追いで目覚めるか-。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP