WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【凱旋門賞】タイトルホルダー、ドウデュース本番モード

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、パリロンシャン)

 シャンティイ滞在中のタイトルホルダーは21日、コワイラフォレ調教場(芝直線コース)で、小林智厩舎の5頭を追い掛ける形で単走(約5F)。またがった塚田助手は「馬場にのめる感じもなく、いつでも前の馬をかわせることができる、まだまだ余裕のある動きでした」と納得の様子。栗田師は「力みがなく、いい動きでした。息遣いも良かったです。来週に向けてさらに状態は上がってくると思います」とコメントした。

 一方、ドウデュースはリオン坂路(ダート)で、マイラプソディを前に見つつ単走(約6F)。前川助手は「先生の指示通りにしっかりと負荷をかけられました。これでもうひと絞りできると思います」と満足そう。友道師も「順調に来ている。1回使って絞れたし、あの馬場を経験できたのは良かった。(前走は手前をスムーズに変えなかったが)そのへんもジョッキーが分かっている。手を打ってくれると思う」と本番を見据えた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP