WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【オールカマー】デアリングタクト復権走 杉山晴師「いい頃の動きに戻りつつある」

 リズム良く栗東坂路を駆け上がったデアリングタクト(撮影・北村雅宏)

 「オールカマー・G2」(25日、中山)

 20年秋華賞以来、約2年ぶりの勝利を目指す3冠牝馬デアリングタクトは21日、栗東坂路で最終リハ。主戦の松山を背に、リズム良く駆け上がり予定通りのタイムを刻んだ。完全復活へ向けて、着々と準備は進んでいる。鳴尾記念に続く重賞連勝を狙うヴェルトライゼンデは、同じく坂路で4F51秒1の好時計をマークした。

 確実に完全復調へと向かっている。今春、右前脚のケガから1年1カ月ぶりにカムバック。今回が復帰3戦目となるデアリングタクトが、栗東坂路で主戦の松山を背に最終リハを行った。馬なり軽めの内容で4F54秒6-39秒5-12秒6。予定通りの数字を刻んだ。

 「いつものように、馬のリズムを重視して乗りました。1週前も動きは良かったですし、そこからいい意味で変わりなかったです。前走より上向いていて、柔らかさも取り戻しています」と、鞍上は確かな上昇ぶりを感じ取ったようで、歯切れのいい言葉が並んだ。

 宝塚記念の直前と比べるとハミに頼る面がなくなり、体を起こして走れるようになった。そのためストライドに力強さが加わり、見た目にも迫力が増している。杉山晴師も「いい頃の動きに戻りつつあります。バランスのいい走りになっていますね」と納得の笑みを浮かべた。

 中山で走るのは今回がキャリア初。だが指揮官は「どこの競馬場でも、最後までしっかりと走り切ってくれる馬なので、不安はありません」と迷いのない表情で言い切った。

 無敗で3冠牝馬に輝いた歴史的ヒロイン。復活Vを求められていることは、誰より松山が分かっている。「秋華賞以来勝っていませんからね。しっかりと勝ちにいきたい」と力を込める。先週セントライト記念Vのガイアフォースと同じ松山×杉山晴師のタッグが、今週も中山で主役を務める。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP