WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ソダシ“初時計”体も大きく 須貝師「いい雰囲気」「次走については未定」

 白い馬体を弾ませたソダシ

 21年度の最優秀3歳牝馬に輝いたソダシが13日、栗東CWで実質的な初時計をマーク。21年のチャンピオンズC12着からの巻き返しへ向けて本格的に始動した。

 僚馬シウン(3歳未勝利)を相手に2馬身追走し、最後は馬なりで首差先着。6F84秒9−37秒1−11秒4を計時した。須貝師は「次走については未定」としながらも、「相手に合わせて息をつくる程度の内容。体はまた大きくなっているし、いい雰囲気」と満足げに振り返った。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP