WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

アーモンドアイ初子誕生 父エピファネイアの牡馬 サンデーサイレンス4×3も注目

 初子に寄り添うアーモンドアイ(シルク・ホースクラブ提供)

 歴代最多の芝G1・9勝を挙げたアーモンドアイ(牝7歳)が13日未明、けい養先である北海道安平町のノーザンファームで、初子となる父エピファネイアの牡馬を出産。同日、ノーザンホースパークが公式Twitterで発表した。

 母子ともに産後の経過は順調だという。父エピファネイアは牝馬3冠馬デアリングタクト、21年度の年度代表馬エフフォーリアなどの超一流馬を輩出しており、サンデーサイレンス4×3のクロスから血統的にも注目が集まりそうだ。初子は早ければ24年にもデビューする。

 アーモンドアイを管理した国枝師「元気な男馬が産まれたということで、大変良かったなと思っております。お母さんとして、とりあえず一つ目をクリアしてくれたことになるわけだし、今後も母子ともに順調にいってくれたらと思います」


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP