WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

サリエラ 国枝師が初戦心待ち「動きは及第点」 異父兄は19年2歳王者サリオス

 サリエラ=美浦トレセン(撮影・園田高夫)

 「新馬戦」(28日、東京)

 19年朝日杯FS覇者サリオスを異父兄に持つサリエラ(牝2歳、父ディープインパクト、美浦・国枝)が、ルメールを鞍上に日曜東京6R(芝1800メートル)でデビューする。500キロを優に超える兄とは違い、420〜30キロ台の小柄な馬体。

 国枝師は「もう少し弾みというか、飛んでくるというか、エネルギッシュさが欲しい」と辛口だが、それも期待の表れ。「調教の動きは及第点」と初戦を心待ちにしていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP