WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【チャンピオンズC】カフェファラオ順調 ルメールも納得「一生懸命走ってくれた」

 美浦W併せで追い切ったカフェファラオ=美浦トレセン(撮影・園田高夫)

 「チャンピオンズC・G1」(12月5日、中京)

 21年のフェブラリーSを制したカフェファラオは25日、ルメールを背に美浦Wでカウディーリョ(5歳オープン)と併せ馬。3馬身先行したパートナーと直線で内から馬体を並べ、一杯に追われる相手を持ったままで突き放し、6F82秒7−37秒1−11秒5のタイムを記録した。

 鞍上は「ブリンカーを着けて一生懸命走ってくれた。まだ少し太いけど、(本番までに)トップコンディションに持っていける」と納得の表情を浮かべた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP