WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【ジャパンC】ダービー馬シャフリヤール 最強証明リハ 秋初戦のリベンジへ軽快

 リズミカルに駆け上がったシャフリヤール(左)=栗東(撮影・佐々木彰尚)

 「ジャパンC・G1」(28日、東京)

 軽快リハだ。川田を背にしたダービー馬シャフリヤールは24日、栗東坂路でトーセンスカイ(5歳2勝クラス)と併せ馬。可動域の広い大きなフォームで駆け上がり、4F53秒8−39秒0−12秒2で併入した。

 手綱越しの感触に、鞍上は「時計は指示通り。無事に終えられたのが何より」と納得の様子。毎日杯以来となるコンタクトとなったが、「あの時点ではキャリアも浅かったですし、体も幼かった。当然ですがしっかりとしていますし、バランスが良くなっていい走りをするようになったな、と思いました」と成長を感じ取る。

 秋初戦の神戸新聞杯はまさかの4着。藤原英師は「思った以上に悪天候だった。合わない馬場だった」と敗因を振り返る。この中間はしっかりと疲労を取り、万全を期した。「ここを目標にケアして体調を整えた。計画通り」と胸を張る。

 ダービーと同じ舞台で汚名返上といきたい。トレーナーは「瞬発力がありますから絶好の条件だと考えています」と府中二四を歓迎。「(ダービー)2着のエフフォーリアも天皇賞を勝ちましたから、レベルが高かったと改めて思う。それに恥じない馬」と“強い3歳世代”をアピールした。

 川田も力を込める。「コントレイルに挑める最後のチャンスですので、今年のこの世代のダービー馬として全力で胸を借りて挑んでいきたい」。4世代のダービー馬が集結する今年の一戦。世代交代を掲げて本番に臨む。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP