WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【秋華賞】ソダシ2冠獲りへ!須貝師「もっともっと“つよかわアイドル”になって」

 余裕で先着したソダシ(右)=撮影・佐々木彰尚

 「秋華賞・G1」(17日、阪神)

 2冠獲りへ不安はない。桜花賞馬ソダシは13日、栗東坂路で楽々と先着を決め、文句なしの動きを披露した。オークスは8着に敗れ、デビュー6戦目で初黒星を喫したが、続く前走の札幌記念では強豪古馬を撃破して、復権をアピール。白毛のアイドルホースはヒロインの座を譲るつもりはない。以下、吉田隼人騎手、須貝尚介調教師との一問一答。

  ◇  ◇

 【吉田隼人騎手】

 −今週の調教は軽めだった。

 「先週、先々週と坂路でもコースでも時計を出していますからね。トップギアに入れないような感じで乗りました。今週末に力を出せるよう、ガスを抜いたような感じです。競馬で苦しいところを見せないよう調教しました。いい感じで本番に向けて調教できたと思います」

 −中間の気配は。

 「春のG1シリーズの時には、まだ見せていなかった力強さだったり、ハミの取り方だったりと、こっちに帰ってきてから、よりパワーアップしたなと思います」

 −今年は阪神芝2000メートルが舞台。

 「阪神は2歳から経験していますし、相性がいいと思っています。2000メートルという距離も、札幌で経験しているので、特に不安材料はないと思います」

 −どのような競馬を思い描いているか。

 「賢い馬なので、こだわってポジションを取るわけでもなく、他の馬が行くようであれば譲ると思います。そういう競馬もしてきていますから」

 −プレッシャーは。

 「この馬に普段乗っている時から緊張感を持っていますし、それは自分でも慣れてきているところはある。結果を出すことだけを願って頑張ります」

 【須貝尚介調教師】  

 −古馬との初対戦だった前走の札幌記念を振り返って。

 「みんなが注目していた一戦だったから、ソダシが勝ってくれて良かった。(斤量が)52キロというのはあったけど、ブラスト(ワンピース)に思ったより早めに来られたのに、押し切る力があったからね。2000メートルはこなせるだろうと思っていたが、収穫は大きかった」

 −最終追い切りを終えて。

 「今週は息を入れる程度でしたが、うまくいきましたね。想定していた通りの併せ馬ができました。終わって、(吉田)隼人とも『理想的で、完璧だね』という話をしました」

 −成長を感じる点は。

 「春はまだ幼い体つきだったが、夏を越えて、筋肉の凹凸が目立つようになりましたね」

 −雨の予報もあるが。

 「ソダシにとってはプラスに働くんじゃないかなと思っている。力の要る洋芝で結果が出ていますから」

 −プレッシャーは。

 「競馬の夢ばかり見ます。寝不足です(笑)」

 −意気込みを。

 「とにかくまずは無事に。“つよかわアイドル”と言われていますが、もっともっと、“つよかわアイドル”になってもらいたいと思っている。応援よろしくお願いします」


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP