WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

2週で3頭新馬V、今週も相沢厩舎に注目

 ライラックを出迎える相沢師

 2月以降は5カ月も勝てず苦戦が続いていた相沢郁調教師(62)=美浦=が、ようやく上昇気流に乗ってきた。ここ2週で3頭が新馬戦を勝ち上がり、遅ればせながら勝ち星も6勝に。とはいえ、ここ5年はコンスタントに20勝以上を挙げていただけに、「ひどい年だよ。故障馬が出たり、リズムが悪かった」と苦笑いを浮かべる。

 その中でも一番のショックはブラックホールの引退だろう。20年は3冠クラシックに全て出走。古馬になっての活躍を期待していた矢先、調教中のケガで競走能力を喪失する重傷に見舞われてしまったのだ。

 しかし、これからの厩舎を背負う新しい力は着実に育っている。ブラックホールの半妹ライラック(父オルフェーヴル)が、土曜東京5R(芝1800メートル)の新馬戦にスタンバイ。「兄とは似てないけど、乗り味がいいし気性も問題ない。勝ち負けになるよ」と力が入っている。秋華賞にはスライリーも出走する。徐々に活気を取り戻し、反転攻勢の相沢厩舎に今週も注目だ。(デイリースポーツ・村上英明)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP