WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

クリソベリルが引退

 クリソベリル

 19年チャンピオンズCの覇者で同年度の最優秀ダートホースに輝いたクリソベリル(牡5歳、栗東・音無)が、喘鳴(ぜんめい)症のため現役を引退し、種牡馬入りすることになった。13日に所属するキャロットクラブがホームページで発表した。

 息遣いが思わしくなく、放牧先である滋賀県のノーザンファームしがらきでモバイル内視鏡をつけて検査したところ、ステージ4の喘鳴症と診断された。完全に回復する見通しが立たず現役を引退することが決まった。今後は北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。

 同馬はデビュー6連勝で、19年チャンピオンズCを制覇。20年には帝王賞、JBCクラシックも制した。同年のチャンピオンズC(4着)後に、右後肢の靱帯を損傷し長期休養。9月29日の日本テレビ盃で復帰したが、6着に敗れていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP