WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

デアリングタクト帰厩後初時計 杉山晴師「イメージより良かった」

 秋華賞(10月18日・京都)で史上初の無敗での牝馬三冠を狙うデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴)が13日、栗東坂路で帰厩後の初時計となる4F59秒0−41秒8−13秒4を計時した。

 杉山晴師は「1本目は“これくらい動いてくれたらいい”という乗り手のイメージより良かったみたいです。無事に終わって良かった。これからじっくりピッチを上げていけたら」と話した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP