WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【クイーンS】50歳ウチパクがシャドウディーヴァで重賞騎乗機会3連続Vへ

 衰え知らずの内田博(撮影・三好信也)

 「クイーンS・G3」(8月2日、札幌)

 大きな節目を迎えてもますます盛ん。26日に50歳となった内田博幸騎手=美浦・フリー=が、週明けのトレセンでも普段通り精力的に攻め馬をつけて汗を流していた。「最近はレベルの高い若手ジョッキーが育ってきているし、“さすが”のレースを見せるベテラン騎手もいる。そんな人たちに負けないよう、自分のスタイルで戦っていきたいね」と気持ちを新たにする。

 ラジオNIKKEI賞(バビット)、七夕賞(クレッシェンドラヴ)と2週連続重賞V。今夏は持ち前のアグレッシブな騎乗ぶりで存在感を示している。「人気薄でも人気のある馬でも勝てたのはうれしいね」とうれしそうにうなずいた。

 重賞騎乗機会3連勝&50代最初の重賞Vが懸かるクイーンSは、4歳牝馬シャドウディーヴァとの初コンビで臨む。「いい末脚を持っているイメージがある。気持ちを損ねないように乗って能力を発揮できたら」。まだまだ元気なウチパクが北の大地を沸かせる。(デイリースポーツ・刀根善郎)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP