WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【セレクトセール2020】2日間合計で史上2位の取引額 コロナ影響感じさせぬ盛況

 ハーツクライ産駒のヒルダズパッション20(手前)(C)Japan Racing Horse Association

 「セレクトセール2020」(14日、ノーザンホースパーク)

 2日目は当歳馬226頭が上場。昨夏に死んだディープインパクト、キングカメハメハの産駒が不在の中、米G1馬ヨシダを全兄に持つ「ヒルダズパッション20」(牡)の当歳セリ史上5位となる3億8000万円をはじめ、落札価格の1〜3位をハーツクライ産駒が独占した。新種牡馬ではサトノダイヤモンド産駒の「サマーハ20」(牝)が1億円で取引された(価格は全て税抜き)。

 2日目の取引総額は、83億3400万円。昨年の97億8400万円には及ばなかったものの、2年前の82億5750万円を上回った。2日間合計では史上2位となる187億6200万円で、落札率は90.9%だった。日本最大の競走馬セールは、新型コロナウイルス禍の影響をほとんど感じさせない盛況ぶりだった。

 セールを主催する日本競走馬協会の吉田照哉会長代行は「この難しい環境にかかわらず、いい馬にいい値段がついたと思いました。日本全体の景気のこともあるし、今年は何とか持ちこたえてくれたのかもしれませんが…。このセリが続き、皆さんにいつまでもいい馬を提供できる場であってほしいですね」と総括した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP