WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【セレクトセール2020】全兄に米G1馬・ヒルダズパッション20が3億8000万円

 ハーツクライ産駒のヒルダズパッション20(手前)(C)Japan Racing Horse Association

 「セレクトセール2020」(14日、ノーザンホースパーク)

 2日目は当歳馬226頭が上場。昨夏に死んだディープインパクト、キングカメハメハの産駒が不在の中、米G1馬ヨシダを全兄に持つ「ヒルダズパッション20」(牡)の当歳セリ史上5位となる3億8000万円をはじめ、落札価格の1〜3位をハーツクライ産駒が独占した。新種牡馬ではサトノダイヤモンド産駒の「サマーハ20」(牝)が1億円で取引された(価格は全て税抜き)。

 ディープ&キンカメ産駒不在で注目を集めた2日目は、ハーツクライ産駒が会場を沸かせた。上場された同産駒の当歳馬19頭のうち、「ヒルダズパッション20」(牡)が3億8000万円でハンマープライス。全兄に米G1・18年ウッドワードSなどを制したヨシダ、今年のシンザン記念Vのサンクテュエールがいるワールドワイドな良血馬が、この日トップの高値で落札された。

 購入したのはホウオウの冠名で知られる小笹芳央氏。「今年も、ムキになり過ぎてしまいました(笑)。ただ、抜けて素晴らしい馬でしたので、何としても落札したいと思っていました」とコメントした。

 母が米2歳牝馬チャンピオンの「シーズアタイガー20」(牡)は(株)ダノックスが2億7000万円で落札。岡田良樹ディレクターは「きょうはとにかくハーツ(産駒)でいこうと決めていました。厳選して、最終的にオーナーの判断で、この馬にいこうと」と決断の理由を説明。前日の1歳馬セリでもディープインパクト産駒の「フォエヴァーダーリング19」(牡)を4億円で落札しており、「ほぼ100点です」と満足げに会場を後にした。

 この他にも前日に1歳セリ史上最高額となる5億1000万円で落札されたシーヴ19(牡)の異父弟「シーヴ20」を、2億1000万円で三輪ホールディングが落札。2日目の落札価格1〜3位をハーツクライ産駒が独占。ノーザンファームの吉田勝己代表は「いい繁殖を付けているから自然と(値段が)高くなっちゃう」と笑いが止まらない。クラシックを狙える王道血統。ハーツ時代の到来を予感させる一日となった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP