WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【函館記念】団野大成 レイホーロマンスで最高の復帰飾る 函館リーディングにも意欲

 函館記念に挑む団野&レイホーロマンス

 「函館記念・G3」(19日、函館)

 勢いのある若手が、待ち切れないとばかりにターフに戻ってくる。5日の福島7Rで落馬負傷し、先週の騎乗を取りやめた団野大成騎手(20)=栗東・斉藤崇=が14日に調教騎乗を再開。函館記念でコンビを組むレイホーロマンスなどにまたがった。「きょう、初めて乗ったので多少の違和感はありましたが、問題はなかったですし、レースの騎乗は大丈夫」。万全の態勢で実戦復帰を迎えられそうだ。

 落馬当日はいろいろな出来事があった。ラジオNIKKEI賞で騎乗予定だったバビットが重賞を制し、阪神で行われたCBC賞を同期の斎藤がラブカンプーでV。同期初の重賞制覇に「うれしかったですし、自分も頑張らなければと思いました」と口元を引き締める。ライバルの活躍に触発され、改めて気合を入れ直した。

 今週は自分の出番だ。レイホーロマンスは初騎乗となるが、しっかりと手応えをつかんでいる。「操縦性が高いですね。具合は良さそう」。近走はひと息の成績だが、変わり身はあるとみている。「もともと重賞でいい競馬している馬ですから」と地力の高さに期待を寄せた。

 18日の函館2歳Sにはラヴケリーに騎乗。また、函館リーディング争いも1位池添と1勝差の4位につけている。「函館リーディングは目標にしていましたし、そこも目指したい」と意欲十分。復帰週から存在感を示し、函館開催を最高の形で締めくくる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP