WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【函館2歳S】ルーチェドーロ「前走ダート」ジンクス破る!持ち前の脚で世代初重賞Vへ

 ダートのデビュー戦を勝利したルーチェドーロ

 「函館2歳S・G3」(18日、函館)

 例年以上にスピード自慢がそろった一戦。中でも、前走で7馬身差レコードVを決めたルーチェドーロは目を引く存在だ。データ的に「前走ダート」は分が悪いものの、ジンクスを打ち破るスケールの持ち主。持ち味をフルに発揮して、世代最初の重賞タイトル奪取といきたいところだ。

 馬齢表記が現行の満年齢となった01年以降の19年間において、「前走ダート」で唯一の連対を果たしたのは02年2着のトーホウアスカだった。直近10年に限ると、36頭が複勝圏から全滅。この不振はもはやジンクスとも言えようが、ルーチェドーロにはそんなデータをブチ破る走りに期待をかけたくなる。

 デビュー戦は衝撃の勝ちっぷりだった。好発から敢然とハナへ。4角から追いだすとアッと言う間に後続との差を広げ、1F標ではジョッキーが後ろを振り返る余裕もあった。不良馬場ながらも58秒5は2歳コースレコード。2着に7馬身差をつける大楽勝だった。

 島田助手は「デビュー前から動いていたけど、あんなパフォーマンスで勝つとは。上がりにも余裕があったしレコードですからね。内容も良かったですよ」と目を丸くする。このスピードなら、芝で通用しても驚けない。

 中2週だが、流して勝っただけに疲れも残っていない。「使って10日でしっかり追い切りができたし、順調です。本馬場に入れた感じでは、芝もしっかりこなしていましたよ」と同助手は胸を張る。

 前述した唯一の連対馬トーホウアスカは、前走着差が6馬身差だった。前例を超えるスピードで、世代最初の重賞タイトルをつかみ取るか。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP