WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【POG】サトノフォーチュン気持ち前向き 切れ味タイプ 国枝師の評価上々!

 気配抜群のサトノフォーチュン(手前)

 「新馬戦」(12日、福島)

 日曜福島5R(芝2000メートル)にディープインパクト産駒のサトノフォーチュン(牡、美浦・国枝)がスタンバイする。

 母はマイルの芙蓉Sを勝ったフォーチュンワード。半兄には17年平安S、18年アンタレスSとダート重賞2勝のグレイトパールがいる血統だ。ここまで美浦Wで5本の併せ馬を消化。最終追いではシンハリング(3歳1勝クラス)を相手に互角の動きを披露し、5F68秒5−38秒4−12秒2を馬なりでマークと気配は抜群だ。

 「まだビシッとはやっていないけど、切れそうなタイプだね。全てにおいて標準級だけど、気持ちが前向きだし、(初戦から)いいんじゃないかな」と国枝師の評価も上々だ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP