WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【七夕賞】ジナンボー、シャープな脚さばき 森助手好仕上がりアピール「態勢整った」

 僚馬に先着を決めたジナンボー(左)

 「七夕賞・G3」(12日、福島)

 5度目の重賞挑戦で戴冠を狙う。大阪杯6着以来となる良血ジナンボーは8日、美浦Wで僚馬クルミネイト(4歳1勝クラス)を追走し、直線入り口で内に潜り込んで馬なりのまま0秒2先着。時計は5F69秒2−40秒5−12秒8と平凡だったが、最後までシャープな脚さばきを披露した。

 森助手は「暑い時季に加えて先週までにしっかりやっているので、疲れを残さないようにやりました。時計なりに走れていたし、出走態勢は整いました」と好仕上がりをアピールした。追い切り後の馬体重は495キロ。「福島への輸送もあるので前走(484キロ)ぐらいで出走できそう。福島コースは初めてですが、先行力とスピードがあるので十分対応できると思います」とトーンは高かった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP