WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

クロノジェネシス 疲れなし!和田助手も秋の飛躍に期待 宝塚記念Vから一夜明け

 自厩舎の馬房でのんびりするクロノジェネシスと和田助手

 宝塚記念を圧勝してG1・2勝目を挙げたクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇)が29日、栗東トレセンで元気な姿を見せた。

 栗東に戻ったのは28日の午後7時過ぎ。担当の和田助手は「レース後もケロッとして、カイバも食べています。返し馬も元気が良かったし、一番落ち着いていました。ただ、直線で突き抜けたのにはビックリしましたけど」とレースを振り返った。近日中に放牧に出る予定。同助手は「体が増えて、気持ちにも余裕があった。この後が楽しみになりましたね」と秋の飛躍を期待していた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP