WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【安田記念】グランアレグリア府中マイルで女王斬り!藤沢和師、精神面成長を強調

 仕上がりに不安はないグランアレグリア

 「安田記念・G1」(7日、東京)

 昨年の桜花賞馬グランアレグリアが、着々と態勢を整えている。5日朝の調整は美浦坂路を予定していたが、気温が上昇したため、北馬場での乗り運動に変更。程良く気合が乗って、馬体の張りも文句なし。状態は万全だ。

 藤沢和師は「暑さを考慮して調教を変えただけ。順調に来ているよ。以前はもっとムキになるとことがあったが、大人になって全体的に穏やかになってきた」と精神面での成長を強調した。枠順は7枠11番。やや外めとなったが、「どこでもいいよ」と気にする様子はなかった。

 デビューから7戦して〈4・1・1・1〉。唯一の着外は、4位入線も5着降着となったNHKマイルCで、道中で折り合いを欠いて直線でも外に斜行と、敗因は明らか。落ち着きが出てきた現状なら、二の舞いになることはないはず。前走の高松宮記念は、初のスプリント戦で後方からの競馬になりながらも、前残りの流れの中、メンバー最速の上がりで接戦の2着と能力の高さを示した。

 舞台は3戦2勝の東京1600メートル。条件は好転する。指揮官は「マイルが得意な馬だし、メンバーは強いけど、いい競馬が期待できるんじゃないかな」と好レースをイメージ。アーモンドアイをはじめとする強豪を粉砕して、2つ目のG1タイトルを頂く。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP