WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【POG】新種牡馬ドゥラメンテ産駒アスコルターレ初陣「力強さある」V意識

 仕上がり良好なアスコルターレ

 「新馬戦」(7日、阪神)

 牝馬、牡馬ともに無敗のクラシック2冠馬が誕生したが、今週からは来年の3歳馬の頂点を目指す若駒がデビューする。弥生賞ディープ記念馬サトノフラッグの全妹サトノレイナス、新種牡馬ドゥラメンテ産駒のアスコルターレらが初陣Vを狙う。

 7日阪神5R(芝1400メートル)のアスコルターレ(牡、父ドゥラメンテ、栗東・西村)が4日、栗東坂路で軽快な動きを連発している。先週は馬なりで4F52秒3−38秒3−13秒2、今週は強めに追われ、4F55秒2−39秒3−12秒4をマーク。気配は良好だ。

 15年皐月賞、ダービーと2冠に輝いた父の初年度産駒。1週前追い切りで手綱を取った松山は「素直でいいスピードがある。気持ちも前向き」と手応えは十分だ。西村師も「鞍上もいい感触をつかんでくれたようです。小柄ですが、力強さがある。仕上がりもいいし、初戦から動けそう」とデビューVを強く意識した。

 陣営では昨年、2歳戦開幕週の阪神に送り込んだタイセイビジョンが初戦を快勝。好スタートを切ると、その後も京王杯2歳S、アーリントンCと重賞2勝を挙げている。今年も期待馬が大舞台を目指して、大きな一歩を踏み出す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP