WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【安田記念】ダノンスマッシュ 父子制覇へあるぞ一発 距離克服に自信大

 虎視たんたんと勝機を狙うダノンスマッシュ

 「安田記念・G1」(7日、東京)

 G1戦線では苦戦の多いダノンスマッシュだが、今春は重賞2勝と勢い上々。マイル克服にも陣営は自信をのぞかせている。狙うは13年勝ち馬ロードカナロアとの父子制覇。同じ父を持つ7冠女王を打ち倒し、頂点をつかんでみせる。

 17年に産駒がデビューし、既にG1・10勝(海外含む)。早々に名種牡馬の地位を確立したロードカナロアだが、意外なことに自身が制したG1を子どもが勝っていない。13年に優勝している安田記念も、父の最高傑作たるアーモンドアイが、1番人気を背負いながら3着に敗れた。

 今回、昨年のリベンジを期す7冠女王が最有力だろうが、ドラマという意味においては、もう1頭の産駒ダノンスマッシュに注目が集まってもおかしくない。父と同じ安田隆厩舎所属で、担当者も同じ岩本助手だ。「大きな走りをするところは、お父さんに似ています。長く脚を使えますし、フォーム自体は千六でも」と同助手は距離克服に対して期待を込めた。

 カナロアが当レースを勝ったのは、今のスマッシュと同じ5歳春。無論、この時点でG1を3勝していた父には実績面で遠く及ばないのだが、今年重賞2勝(オーシャンS、京王杯SC)はともに完勝で、2走前の高松宮記念10着は道悪という明確な敗因があった。良馬場でやれそうな今回は、一発の可能性があると言っていい。

 父子制覇だけでなく、鞍上を務める三浦にとっても悲願のJRA・G1初制覇が懸かる一戦。「彼も安田記念で惜しいレース(14年グランプリボス2着)がありましたものね。ドラマが起こらないかなと、期待しています」と安田隆師。女王が泡を食うような強烈なスマッシュを浴びせ、頂点奪取といきたい。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP