WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【鳴尾記念】キメラヴェリテ 憂さ晴らす…ダービー痛恨除外 タイトル奪取で!

 ウオーキングマシンで運動をしたキメラヴェリテ

 「鳴尾記念・G3」(6日、阪神)

 キメラヴェリテ(牡3歳、栗東・中竹)が仕切り直しの一戦に向けて燃えている。皐月賞17着後、目標にしたダービーは次点で痛恨の除外。中竹師は「賞金が足りなかったから仕方がないね」と、既に気持ちを切り替え、新たな戦いを見据えている。先週の白百合Sにも登録はしていたが、1週延ばして鳴尾記念に駒を進めてきた。

 「結果を出している阪神で、(斤量)52キロで出られるし、開幕週の馬場もいいと思う。速い時計でも走れるから。条件がそろった上で、古馬相手にどれだけやれるか」と楽しみにする。2走前に若葉Sで、初芝ながら2着に逃げ粘ったように、舞台は申し分ない。脚質的に直線の長い外回りより、内回りの方が持ち味も生きる。冷静に適性を見極めての判断だ。

 追い風も吹いている。先週、僚馬で同世代のビアンフェが、葵Sで重賞2勝目を飾ったばかり。「同じキズナ産駒で、どっちもハナに行く馬。ただ、性格とかタイプは全然違うけどね。頑張ってほしいね」と期待を込める。強豪古馬を相手に、芝でのタイトル奪取を目指す。(デイリースポーツ・大西修平)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP