WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【安田記念】ダノンキングリー僚馬を圧倒 萩原師「反応が良かった」

 ダノンキングリー(右)

 「安田記念・G1」(7日、東京)

 ダノンキングリーは3日、コンビ復活となる戸崎圭を背に美浦Wへ。同じく安田記念に出走するノームコア(5歳オープン)を5馬身追い掛ける形で発進した。軽快なピッチを刻むと、直線入り口で馬体を並べる。そこからが圧巻だった。必死に食らいつく僚馬を尻目に、6F81秒0−37秒2−12秒2で豪快に3馬身突き抜けた。

 萩原師は「反応が良かった。前走の2000メートルよりも1600メートルの方が競馬はしやすい」と初のG1制覇に意欲を見せた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP