WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【POG】ブエナベントゥーラ超一流血統!気配抜群 母はG1V6名牝ブエナビスタ

 父母ともG1馬の良血馬ブエナベントゥーラがデビュー勝ちを狙う(撮影・園田高夫)

 「新馬戦」(6日、東京)

 2年前にグランアレグリア、1年前にサリオスが快勝した新馬戦に、今年も大物が登場する。土曜東京5R(芝1600メートル)で東の一番星を狙うブエナベントゥーラ(牡、美浦・堀)。モーリスを父に持ち、母もG1・6勝の名牝ブエナビスタという話題性抜群の良血馬だ。

 4月3日に入厩してすぐにゲート試験に合格した。そこから在厩で順調に調整され、5月28日はレーンを背に美浦Wで1週前追い切り。しっかりと負荷をかけながら5F68秒6−38秒3−12秒2を計時した。森助手は「追い切りの動きはいいですね。まだハミ受けや気性といった、2歳馬らしいところを見ながら調整しています」と感触を伝える。

 超一流の血統に加えて、攻め馬の気配も抜群。「走りは前向き。モーリス自身と違う印象はありますが、ためれば切れるイメージがありますよ」と同助手。栗毛の馬体から繰り出される瞬発力は必見。クラシックを意識させるほどの鮮烈デビューを飾ってみせる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP