WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【地方競馬】アクアリーブルが桜花賞制覇 混戦を制して重賞初V

激戦の桜花賞を制したアクアリーブル(手前)=撮影・持木克友

 「桜花賞・S1」(25日、浦和)

 開催3日目の11Rで行われ、3番人気のアクアリーブルが先行集団の後方から追い上げ、直線の叩き合いを制した。2着は先行した4番人気のテーオーブルベリー、3着には6番人気のルイドフィーネが粘った。断然の1番人気に支持されたレイチェルウーズは、中団から伸びを欠いて5着に終わった。

 なお、1〜3着馬は「第34回東京プリンセス賞・S1」(4月28日・大井)、1着馬は「第56回関東オークス・Jpn2」(6月10日・川崎)の優先出走権を獲得した。

 アクアリーブルは満開の桜を思わせるピンクのメンコで、ゲートを勢いよく飛び出すと好位で競馬。「少し掛かり気味だったので3番手に下げた」と山本聡は落ち着いてエスコート。逃げるボンボンショコラ、テーオーブルベリーを見ながら流れに乗った。

 最終3角からじわじわと進出。「ゆっくり仕掛けて、直線へ向いたときは交わせる手応えだった」。1番人気のレイチェルウーズは伸びる気配もなく、ゴール前でブルベリーを退け、牝馬クラシックの1冠目をつかんだ。

 母のアスカリーブルは牝馬2冠。この桜花賞だけ出走がかなわなかった。そして、管理する佐藤賢師は2006年の牝馬三冠を達成したチャームアスリープの子、ブラヴールで18日の京浜盃を制したばかり。「追い切りの時計、馬体も良かった。状態がいいので右回りの千八も心配ない」と、指揮官は東京プリンセス賞へ照準を合わせた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP