WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

三浦万全の状態で来週実戦復帰へ

 調教騎乗を再開した三浦

 昨秋から美浦所属ジョッキーの落馬が多発しているが、そんな中で明るいニュースが。1月5日の中山で落馬し、左橈骨(とうこつ)・尺骨遠位端骨折、左手月状骨骨折、左側胸部打撲のケガを負って休んでいた三浦皇成騎手(30)=美浦・鹿戸=が、26日に追い切り騎乗を再開した。

 4頭の追い切りにまたがり、「違和感なく乗れましたし、思っていた以上に以前と変わりなかったですね」と感触を伝える。そこには、休養前と変わらない三浦の姿があった。

 万全の状態で復帰を−。それを自分に言い聞かせてリハビリに励んだ。「休養中は焦る気持ちを抑えるので、いっぱいでした」と振り返る。中途半端な状態では、完璧な仕事はできない。そこにはプロ魂があった。

 また、ちょっとした心境の変化も。「ケガをして改めてこの仕事に誇りを持てましたし、素晴らしい仕事ができているという気持ちになりました」と胸を張った。騎手という仕事を俯瞰(ふかん)することで、その魅力を再認識した。

 実戦復帰は3月7日の中山を予定。「いろいろな方に迷惑をかけたので、ひとつでも結果で応えられるように頑張りたいです」。3カ月遅れの三浦の1年が始まろうとしている。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP