WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【京都記念】ステイフーリッシュ粘り切れず3着…岩田康「相手の瞬発力が上」

 「京都記念・G2」(16日、京都)

 昨年の秋華賞馬クロノジェネシスが、好位から力強く抜け出して2馬身半差の快勝。2着には2番人気のカレンブーケドールが続き牝馬ワンツー。3着には3番人気のステイフーリッシュが入った。

 逃げ馬から大きく離れた2番手を進んだステイフーリッシュ。直線で抜け出しにかかるも、外から迫る牝馬2頭の切れ味に屈し、3着に終わった。岩田康は「自分の競馬をして、直線は外へ持ち出した。ただ、相手の瞬発力が上でした」と脱帽といった様子。矢作師も「一生懸命、上手に走っているけどね。G2だと少し足りないし、G3だと背負うので…」と次戦のレース選択に頭を悩ませていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP