WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

エポカドーロは金鯱賞で復帰を目標

 「有力馬次走報」(13日)

 ◆昨年の大阪杯10着から休養中のエポカドーロ(牡5歳、栗東・藤原英)は金鯱賞(3月15日・中京、芝2000メートル)での復帰を目標に進めていくと13日、所属するユニオンオーナーズクラブのホームページで発表された。

 ◆東京新聞杯で6着に敗れたヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英)はマイラーズC(4月26日・京都、芝1600メートル)を視野に。

 ◆AJCC7着のウラヌスチャーム(牝5歳、美浦・斎藤誠)は中山牝馬S(3月14日・中山、芝1800メートル)へ。鞍上は横山典。

 ◆佐賀記念2着のロードゴラッソ(牡5歳、栗東・藤岡)は名古屋大賞典(3月12日・名古屋、ダート1900メートル)へ。5着テルペリオン(牡6歳、栗東・寺島)は仁川S(29日・阪神、ダート2000メートル)へ向かう。

 ◆アレキサンドライトS勝ちのフィードバック(牡4歳、美浦・鈴木伸)はマーチS(3月29日・中山、ダート1800メートル)へ。

 ◆TCK女王盃を制したマドラスチェック(牝4歳、美浦・斎藤誠)は、予定していたエンプレス杯(3月5日・川崎、ダート2100メートル)を蹄の不安のため回避する。復帰は夏頃になる見込み。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP