WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【クイーンC】ミヤマザクラ万全の仕上がり ラスト1Fで瞬発力発揮

 栗東坂路でミヤマザクラ(手前)が力強く先着を決めた(撮影・佐藤厚)

 「クイーンC・G3」(15日、東京)

 力強く先着した。ミヤマザクラは12日、栗東坂路でマジカルスペル(6歳オープン)と併せ馬。前半はゆったりとした入りだったが、ラスト1Fはさすがの瞬発力を発揮。軽く仕掛けただけで僚馬を1馬身半置き去りにし、4F55秒3−39秒7−11秒8をマークした。動きを見守った藤原英師は「上がり重点で。いいよ」と満足げ。万全の仕上がりだ。

 デビュー戦こそ4着に敗れたが、2戦目が圧巻だった。馬群の外を回り、従来の2歳レコードを2秒1も更新する破格タイムのV。続く京都2歳Sでは紅一点の出走ながら、3戦無敗のマイラプソディの2着に食い下がり、「勝った馬はトップクラスやから。あの馬さえいなければ勝っていたわけだから、よく走っている」と指揮官も高く評価する。

 今回は初のマイル戦。長距離輸送に雨予報など不確定要素も多いが、「能力がある。自在性があって、精神面もしっかりとしている。今の東京なら緩い馬場もこなしてくれる」と期待は大きい。牝馬同士なら負けられない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP