WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

“美し過ぎる”ミシェル「出だしとしてはいい感じ」 地方競馬デビュー 

紹介終了後にサインを求めるファンに手を合わせて謝るミカエル・ミシェル=川崎競馬場(撮影・持木克友)

 フランスから来日した“美し過ぎる”ミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕=が27日、南関東の川崎競馬場で、短期免許を取得した地方競馬でのデビューを果たした。この日は5鞍に騎乗して、8Rの2着が最高だった。

 初戦の5Rは6番人気のヨイチビームで12頭立ての11着。道中は中団を追走。しかし、3角過ぎで手応えが怪しくなり、直線は懸命に手綱をしごくも馬は後退。初レースを終えたミシェルは「最後の直線でうまく入っていけなかった。ただ、ダートコースは思ったより騎乗しやすく、いろいろ確認することができたので、出だしとしてはいい感じでした」と振り返った。

 その後の4レースは積極的な騎乗で何度も見せ場をつくったが、3、2、3、6着で初勝利はならなかった。

 場内のパドックには、ファンによるカタカナとフランス語表記の応援幕が1枚ずつ掲げられた。1走目の5R前にミシェルが姿を現すと、あちこちからシャッター音が鳴り響いた。主催者への臨時の取材申請は22媒体40人にのぼり、その一挙手一投足に注目が集まった。

 日本の競馬ファンをとりこにした「日本に恋しました」から5カ月。昨年8月25日に、札幌競馬場で開催されたワールドオールスタージョッキーズ第3戦の勝利者インタビューから始まった“ミシェル劇場”の第2幕が、ついに開演した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP