WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【有馬記念】アエロリット 軽快 菊沢師「スムーズに走れれば」距離克服は可能

 単走で追い切ったアエロリット(撮影・園田高夫)

 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 次がラストランというのが残念に思えるほどのパフォーマンスだ。アエロリットは12日、菊沢師が騎乗して、美浦Wで単走追い。序盤のゆったりとしたペースにも折り合いを欠くことはなく、迎えた直線では馬なりのまま外ラチ寄りを回り、軽快にストライドを伸ばして5F65秒3−37秒6−12秒0をマークした。

 指揮官は「馬場の入り、出し方などスムーズだった。動きも良くて、4コーナーでの手前の変え方も良くて伸び伸び走れた」と納得の表情だった。

 中山芝は3戦して2着3回だが、2500メートルは自身初めて。キャリア最長となるが「スムーズに走れればだね」と距離克服は可能とみている。

 もう向き合える時間もわずか。引退については「こればっかりはね…。何より悲しい」。最後は満面の笑みを浮かべて、パートナーに、最高の嫁入り道具を持たせたい。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP