WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【朝日杯FS】サリオス抜かりない仕上がり 無敗戴冠へ視界良好

 サリオス

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 未来をつかむのはどの馬か−。重賞勝ち馬5頭を含む、将来有望な若駒が阪神マイルの舞台で激突する。サリオスが新馬−サウジアラビアRCをぶっこ抜いた鬼脚で、一気に頂点まで駆け上がる。

 1分32秒7−。先週の阪神JFで刻まれたレコードタイム。しかしサリオスは、これと同じタイムを前走のサウジアラビアRCで軽々と刻んでいる。好位3番手からの危なげないレースぶり、そして驚がくのVタイムに、府中の観衆はどよめき、輝く未来を見た。

 「前走は調整過程の9月がまだ暑かったですから」と森助手。仕上がり途上での結果というから恐れ入る。レース3日後には乗りだしを開始。ここを目標に入念に乗り込まれ、「(11月28日に)ムーアに乗ってもらって、しっかり負荷をかけました。もうやりすぎ注意という段階まで仕上がっています」と態勢に抜かりはない。

 実戦での関西遠征は初だが、中間の短期放牧先は栗東近郊のノーザンファームしがらき。「北海道への輸送も経験していますし、その辺は問題になりません。やる時は自らやる気を見せますし、走る馬特有のものがあります」と多くの名馬を手掛けてきた同助手も、その素質に太鼓判を押す。3連勝での無敗戴冠へ、視界は良好だ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP