WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【香港ヴァーズ】グローリーヴェイズG1初制覇 モレイラ“マジック”さく裂

 後続を突き放したグローリーヴェイズ

 「香港ヴァーズ・香港G1」(8日、シャティン)

 香港の地で日の丸が大きくはためいた。ヴァーズをグローリーヴェイズが制すと、マイルはアドマイヤマーズが完勝。カップは大将格のウインブライトが人気に応え、春秋香港G1制覇を成し遂げた。日本勢4戦3勝。世界のホースマンに、改めてその存在感をアピールした。

 首差でG1初制覇を逃した天皇賞・春から7カ月。海外初遠征のグローリーヴェイズが“マジックマン”モレイラの手綱さばきで、ついにタイトルを手にした。

 道中は中団の内へ。ポジションを徐々に挙げ、直線では前に4頭の壁が立ちふさがったが、あいたスペースを見つけると、残り200メートルで逃げるエグザルタントを一気にかわし、迫るラッキーライラックに3馬身半差をつけた。モレイラも「馬も落ち着いていて、難しい位置にいたけど、よく進路を取ってくれた」と大満足だった。

 見届けた尾関師は「最初は後ろだなと思っていたけど、いつの間にか虎視眈々(たんたん)と位置を上げるあたりがマジックなんでしょう」と鞍上を絶賛。(有)シルクレーシングの米本昌史代表は「このカテゴリーのチャンピオンになったし、おのずともっと高いステージへ」と先を見据えていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP