WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

先週の馬場傾向

≪先週の馬場傾向≫

【中山芝】
開催2週目。コースはAコースを使用。
馬場状態は土日とも良馬場。標準並み~若干速目の時計が出る好状態だが、ペースに左右される面はあった。
脚質的に目立った傾向は無く、先行から差し、追い込みまで幅広く決まっていた。
血統ではステイゴールド産駒が4連対の活躍。人気も2、6、6、7番人気と、波乱を演出していた。ディープインパクト産駒はカデナが弥生賞を制したが、それ以外は3着3回だけと勝ち切れなかった。サンデー系意外だとダンチヒ系の産駒が2勝を挙げた。

【中山ダート】
馬場状態は土曜日が終日稍重、日曜日は午後から良馬場に回復した。時計も最初は速かったが、馬場の回復と共に標準レベルに収まっていった。
逃げ馬は[1-0-3-10]と好走数は少なかったが、馬券に絡んだ4頭は7、13、7、10番人気と全て人気薄。逃げ馬はマークが薄い時の一発に警戒か。全体としては中山にしては差し、追い込みの活躍が目立っていた印象。
血統では、ゴールドアリュール産駒が1勝、その子であるスマートファルコン産駒が2勝。フォーティナイナー系も好調で、1800m戦ではアイルハヴアナザー産駒が3連対。1200m戦ではサウスヴィグラス産駒が穴をあけていた。エーピーインディ系も2~3着が多かったが好調。


【阪神芝】
開催2週目。コースはAコースを使用。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並。
若干差し、追い込みの好走数が先行勢を上回っていたが、基本的に馬場の内外や脚質的に目立った偏りは無く、各馬が力を出せる状態。
血統では日曜日にダイワメジャー産駒が芝のレースで3連勝するなど、サンデー系が圧倒。非サンデー系で勝利を収めたのはチューリップ賞に出走したフランケル産駒ソウルスターリングただ1頭だった。

【阪神ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は良馬場としては水準以上だった。
かなりの先行有利な状態で、逃げ馬が[6-4-0-4]と大半のレースで連対していた。差し、追い込みは3着止まりのレースがほとんど。
血統では、エンパイアメーカー産駒が4勝2着2回と存在感を見せた。キングマンボ系、フォーティナイナー系も好調で、全体的にミスプロ系有利の傾向。


【小倉芝】
4週続いた冬の小倉開催が終了。次回は7月29日からの夏競馬。
馬場状態は土日とも良馬場。コースはBコースを使用。時計は若干掛かっていた。
馬場の内目は荒れてきていて、土曜日は差し馬が優勢だったが、一転して日曜日は前残りのレースが多くなった。騎手の心理も影響したか。
血統では、サンデー系が優勢。次いでノーザンダンサー系とミスプロ系。ダノンシャンティ、キンシャサノキセキといったフジキセキの系統の産駒が活躍していた。

【小倉ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
先行有利。差しが決まるのは1700mで途中から慌しい展開になった時。
血統ではサンデー系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系がほぼ互角。つまり、目立った傾向は無かった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP