WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

今週のトピックス・ピックアップ

●ミホノブルボンが死亡
1992年日本ダービーなどG1を3勝し、種牡馬引退後は北海道沙流郡日高町のスマイルファームに繋養されていたミホノブルボン(牡28)が2月22日に老衰のため死亡した。24日、JRAが発表した。


●ドバイワールドカップデー、日本馬が招待受諾
3月25日、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデーの各レースに日本馬が選出され、関係者が招待を受諾した。今のところ日本からの出走予定馬は以下の通り。

ドバイワールドカップ(G1)
アウォーディー
アポロケンタッキー
ゴールドドリーム

ドバイターフ(G1)
リアルスティール
ヴィブロス

ドバイシーマクラシック(G1)
サウンズオブアース

ゴドルフィンマイル(G1)
ラニ
カフジテイク

UAEダービー(G1)
エピカリス
アディラート


●ホワイトマズルが死亡
1993年イタリアダービーを優勝し、種牡馬としてアサクサキングス、スマイルトゥモローなどの活躍馬を残したホワイトマズル(牡27)が、2月26日に繋養されていた北海道新ひだか町のレックススタッドで老衰のため死亡した。27日、JRAが発表した。


●アンドレアシュ=シュタルケ騎手に短期騎手免許交付
JRAは26日、アンドレアシュ=シュタルケ騎手(43)に短期騎手免許を交付することを発表した。期間は3月2日から4月18日。身元引受調教師は堀宣行師、契約馬主は吉田和子氏。


●ビービーバーレルが地方移籍
2016年フェアリーSに優勝したビービーバーレル(牝4、美浦・中舘英二厩舎)が1日付けで競走馬登録を抹消された。通算成績は14戦2勝(内、地方1戦0勝)。
今後は門別競馬場に移籍する予定。


●スマートギアが故障
2012年中日新聞杯に優勝したスマートギア(牡12、美浦・岩戸孝樹厩舎)が左第1指節種子骨々折を発症していることが分かった。2日、JRAが発表した。
今後は9ヶ月以上の休養を要する見込み。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP