WORLD競馬web

メイン画像

【朝日杯FS2022予想】2歳GⅠ第二弾!《最終更新》大西直宏が乗りたい馬は?



朝日杯フューチュリティステークス2022予想
毎日3分読むだけで分かる!

  • ・週の始めは有力馬の特徴や戦績をチェック
  • ・意外なデータ満載の"サイン馬券"で浮かび上がる馬は?
  • ・朝日杯フューチュリティステークスの過去データを洗う!
  • ・中盤~週末は具体的な推奨馬を公開!

WORLD
北野シズカ

皆さん、こんにちは!WORLD競馬WEBで社台グループの情報を専門にしている北野シズカです。

先週の牝馬戦から今週からは牡馬戦が行われます。舞台は引き続き阪神芝1600mなので、先週使った考え方やアプローチはそのまま使えます。ただ、牡馬のほうは皐月賞に繋がるのはホープフルSで、このレースはどちらかというとNHKマイルCに繋がるレースと考えたほうがいいかもしれません。引き続き来年のことまで意識しつつ検討していきたいと思います。




朝日杯フューチュリティステークス2022予想
出走馬/枠順確定
<12/16(金)更新>


朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
12/18(日) 阪神芝1600m


馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1キョウエイブリッサ牡255川須栄彦
2ドルチェモア牡255坂井瑠星
3オールパルフェ牡255大野拓弥
4ドンデンガエシ牡255横山典弘
5バグラダス牡255吉田隼人
6ミシェラドラータ牡255酒井学
7オオバンブルマイ牡255ルメール
8グラニット牡255松山弘平
9ニシノベストワン牡255藤岡佑介
10ウメムスビ牡255角田大河
11ティニア牡255福永祐一
12ダノンタッチダウン牡255川田将雅
13スズカダブル牡255鮫島克駿
14レイベリング牡255横山武史
15フロムダスク牡255武豊
16コーパスクリスティ牡255イーガン
17エンファサイズ牡255藤岡康太





朝日杯フューチュリティステークス2022予想
有力馬紹介&WORLD事前チェック
<12/11(日)更新>


WORLD
北野シズカ

まず最初に、朝日杯フューチュリティステークス2022に出走予定の馬の中から、上位人気に支持されそうな馬について詳しく見ていきましょう。

前走時に「イイ状態で出走して勝ったのか」「実は、良くない状態だったのか」「関係者は自信があったのか・なかったのか」など。スポーツ紙・専門紙ではあまり取り上げられませんが、大事なポイントになりますよ!


前走:デイリー杯2歳S2着

ダノンタッチダウン


安田隆厩舎(栗東)
川田騎手予定
戦績:1-1-0-0

ハミ受けや口向きに課題があり、まだ若さが残る現状ではあるが、馬体の雰囲気からは将来性十分。デイリー杯では人気にはなったものの、「今の完成度で勝てればGⅠレベル。馬券圏内なら重賞級、掲示板ならOP特別レベル」と関係者は物差しを図っていたが、1分33秒2の決着で外から上がり33秒1の脚を使って半馬身差の2着は重賞レベルと決めつけていいだろう。川田騎手も「現状の成長段階でよくここまで走れますね。先々が楽しみです」と将来性を高く評価していた。成長曲線次第では一気に頂点も十分。

【WORLD分析班チェック】
ダノン勢の2歳GⅠは好結果多数

ダノンと言えば2歳GⅠ。このレースはダノンプラチナ、ダノンプレミアムが制していて、牝馬はダノンファンタジー、ホープフルSはダノンザキッドが勝っている。馬主としても力が入る一戦で、ここを勝てば来年の視界が一気に開ける。




前走:サウジアラビアRC1着

ドルチェモア


須貝厩舎(栗東)
坂井瑠騎手予定
戦績:2-0-0-0

サウジアラビアRCは逃げ馬と離れた2番手集団で大きく分かれ、別物のレースをしたような形となった。勝ったドルチェモアのラップは前半1000mはちょうど1分ほどで、上がり3Fを33秒4でまとめたという事になる。新馬戦も超スローの逃げ切りだったように、マイルというよりは中距離のような競馬で連勝したという印象だ。速いペースで流れた時に序盤の追走ができるか、その際ラストは同じような脚が使えるかは未知数だが、母が桜花賞馬アユサンであることを考えたらマイルの適性はないとは考えづらい。

【WORLD分析班チェック】
鞍上が坂井瑠星に乗り替り

これまで連勝したのが横山和騎手で今回から坂井瑠騎手へとスイッチ。舞台裏に何かがあったことが窺えるが、当然良かれと思っての鞍上交代だけに前向きに考えたい。ただ、GⅠ直前で急な変化はマイナスに作用することがあるので事前情報は慎重に確認したい。




前走:デイリー杯2歳S1着

オールパルフェ


和田雄厩舎(美浦)
大野騎手予定
戦績:2-1-0-0

前走は関西へ西下して重賞初制覇。なかなか珍しいパターンだった。単騎で逃げても他に競って来る馬がいなくて無理することなくハナへ。ペースを緩めて遅いラップを刻めたのもあり、余力を持って逃げ切れた。展開に恵まれたのは事実ではあるが、スピードの持続力は非凡。ここでも展開の鍵を握る馬にはなるだろう。前走デイリー杯の勝ちタイム1分33秒2は今年の2歳馬にとっては最速の時計であり、数字だけでは現時点ではもっともVに近い存在と言ってもいい。

【WORLD分析班チェック】
新種牡馬リアルスティールの初重賞V

この馬がリアルスティール産駒で初めて重賞を勝った。父は現役時代、マイルでは2度走って2度二桁着順(どちらも安田記念で11着、15着)と振るわなかった。しかし1800mでは全4勝(重賞3勝)で1800mがベストと言われていた。


WORLD
北野シズカ

まずは1週前段階での注目馬3頭を紹介しました。ココで紹介した以外にも 魅力的な馬も多く、楽しみなメンバー構成になりそうです。水曜日以降は過去のデータや、週中の情報に基づいた注目馬をピックアップしていきましょう!




朝日杯FS2022予想
知ってそうで知らなかったサイン馬券
<12/15(木)更新>

今回もデータや時事ネタにまつわるサイン馬券をご紹介します。

競馬ファンなら、これまでにもレースが終わってみたら『実はそうだったのか!』と隠れたサインやジンクスに気付いた経験はあるのでは?

そのままマル乗りするかどうかは別にしても、こんなデータやジンクスも知っておいて損はないハズです。
ぜひ最後までご覧下さい!


信じるか信じないかはアナタ次第?
意外なデータ満載の"サイン馬券"をチェック!

  • やはり、今回も頼みの綱は「長澤まさみ」でしょ!

やはり、今回も頼みの綱は「長澤まさみ」でしょ!



(12月15日)
さて、事前にもお話したが2歳GIに関してはサイン的にネタが少ないのは痛いところ。しかし、このタイミングで来年度のJRAキャラクターが発表された。案の定、「長澤まさみ」、「見上愛」は連投となり、新たに俳優の「佐々木蔵之介」が加わって3人でのプロモーションとなる。簡単にプロフィールを語れば、京都市出身の54歳。地元の造り酒屋の三代目の次男。普通の会社員を経て劇団に所属しのちにTVや映画にも進出を果たしている。今ではレギュラー的な配役も多く人気俳優の一人。現在はTBSのドラマ「クロサギ」にて銀行員宝条役を演じている。また年明けには人気シリーズ第三弾 映画『嘘八百 なにわ夢の陣』が公開を控えている。このタイミングで登場したならば今週か次週には使われる予感がする。

ちなみにベタなところで誕生日は2月4日。所属事務所がケイファクトリー。2月4日から2枠④番は警戒したいしケイファクトリーの『K』から正逆⑪番目にも注意したい。またドラマ「クロサギ」は原作が「黒丸」、主人公が「黒崎」、主人公の相手役に「黒島結菜」が演じており、まさに黒尽くめだけに2枠には警戒だ。そして、余談だがサイン馬に指名した「ミシェラドラータ」の鞍上に酒井学騎手が決まった。単なる偶然だが「長澤まさみ」のビールに「佐々木蔵之介」の造り酒屋の息子と偶然にも酒で一致している点は見逃せないだろう。

(12月11日)
それでは簡単に阪神JFのサイン回顧をお話しよう。勝ったのは1番人気川田騎乗の5枠9番「リバティアイランド」。2着には11番人気木幡初騎手騎乗の2枠3番「シンリョクカ」。3着には8番人気吉田隼騎手騎乗7枠13番「ドゥアイズ」が入線した。

サイン的にはドンピシャの大正解。まずは1、3着には名前に「アイ」を持つ2頭が、そして極めつけが2着に来た11番人気のシンリョクカはヒシアマゾンが制した時の2枠③番をストレートに使ってきた。ダメ押しにサイン馬のマル外⑧番エイムインライフの両隣にも注意で⑨番のリバティアイランドが勝利している。1~3着まで見事、推奨馬、推奨馬番にて決まったことになる。ネタ不足と思われた2歳GIだが次週も気合を入れて頑張りたい。

さて、残りのGI戦も僅かだが「朝日杯FS」でカギを握るのは「長澤まさみ」だろう。春から続いていた一連のサインもジャパンカップ、チャンピオンズカップ辺りで終焉を迎えたと言っても過言ではない。多くのサイン党は煮え湯を飲まされた2週間でもあった。恐らく最大の山場は暮れの「有馬記念」で間違いない。その前の2歳戦だが、正直ネタ不足感は否めない。しかし、そんな中、あの人の活躍ぶりは際立っている。

その人は『長澤まさみ』。現在主演のドラマ「エルピス」も大詰めを迎えるが、CM起用も非常に目立つ1年であった。最近、目立つのはビールのコマーシャル。「アサヒ ザ・リッチ」のCMに今年から起用され現在は竹野内豊と共演中。単純に「武豊」も怪しさを覚えるが、やはり本命は「ビール」にありそうだ。

「ザ・リッチ」はアサヒから発売中だが言うまでもないだろう。今回のタイミングを待っていた。「目指したのは、プレミアムビールをこえるようなうまさ。」がキャッチフレーズ。CM中でも泡マシマシのビールを美味しそうに飲み干すシーンは印象的である。残念ながら直接「リッチ」を馬名に含む馬は居ないが似たようなニュアンスの馬が2頭居る。「ニシノベストワン」と「ミシェラドラータ」。それぞれの馬名の意味が「最高、最上のもの」と「黄金の配合」であり、特に後者の「黄金の配合」の『配合』という言葉は「ザ・リッチ」を紹介するサイト内でもキッチリと使われている。よってココでは「ミシェラドラータ」をサイン馬として考え、当日はその両隣にも警戒したい。(続く)

【以上から今年の気になる候補】
・長澤まさみが「アサヒ ザ・リッチ」のCMに今年から起用され現在は竹野内豊と共演中。馬名に内容を匂わせる「ミシェラドラータ(黄金の配合)」が出走予定。サイン馬として指名し、その両隣に位置した馬にも警戒。
・来年のイメージキャラに「佐々木蔵之介」決定。彼の誕生日は2月4日。所属事務所がケイファクトリー。2月4日から2枠④番は警戒したいしケイファクトリーの『K』から正逆⑪番目にも注意したい。
・ドラマ「クロサギ」は原作が「黒丸」、主人公が「黒崎」、主人公の相手役に「黒島結菜」が演じており、まさに黒尽くめだけに2枠には警戒だ。





朝日杯フューチュリティステークス2022予想
WORLD流!重賞的中テクニック
<12/14(水)更新>


分析班
水谷

こんにちは!データ分析担当の水谷です。

香港国際競走も終わっていよいよ国内の競馬も残り2週。GⅠシリーズは残りあと3戦となりました。先週の2歳牝馬のGⅠは勝ち馬以外はすべて2桁人気が掲示板に入り3連単17万馬券の波乱決着。今週の牡馬戦はどんな決着になるでしょうか。

さて、水曜段階では大まかなイメージを掴むために、朝日杯FSの過去傾向をまとめておきます。だいたい次の4つのポイントを押さえておけばレースイメージが掴めるはずですので是非チェックしておいてください。


朝日杯フューチュリティステークス2022データ
最初に押さえておきたい4つのポイント!

  • ①坂&マイルの実績を持った馬を狙うのがセオリー中のセオリー

  • ②阪神JFよりタフ馬場になるのは必然!?スタミナタイプに要注意

  • ③ノーザン系クラブは馬券圏内の実績多数も今年は参戦ナシ

  • ④阪神開催後はリーディング上位(10位以内)の厩舎の勝利が目立つ

①坂&マイルの実績を持った馬を狙うのがセオリー中のセオリー



先週の阪神JFでも指摘したのと同じ内容になるが、朝日杯FSも次の2点をチェックすることから始まるのが一般的。

①「坂コースでの実績(2着以内)」
②「マイル以上の実績(2着以内)」


阪神芝1600mは直線が長くて坂もあるため、平坦や短距離で勝ってきた馬にとってはなかなかハードルの高い舞台。ましてGⅠの底力勝負になるのだから、上記の①②の経験は絶対に必要不可欠になる。阪神JFの1~2着馬はいずれもクリアしていた。

阪神JFと比べると両項目クリアしている馬はかなり少ない。メンバーレベルとしては今年はだいぶ手薄なのが分かる。


今年の該当馬は以下の通り。

エンファサイズ
オールパルフェ
グラニット
スズカダブル
ダノンタッチダウン
ドルチェニア
ドンデンガエシ
ニシノベストワン
レイベリング

(五十音順)


ほぼほぼ上位人気が予想される馬がピックアップされている。また、阪神JFと比べて該当馬の頭数が少ないのは、素質の高い評判馬が来週のホープフルSに回る傾向になってきてメンバーが分散されたという理由もあるだろう。



②阪神JFよりタフ馬場になるのは必然!?スタミナタイプに要注意



同じ舞台のGⅠが続くだけに、1週前に行われる阪神JFは大きなヒントになることが多い。特に時計の比較からレースのイメージしやすいだろう。


   朝日杯   阪神JF
22年  ?    1331良
21年 1335良 > 1338良
20年 1323良 > 1331良
19年 1330良 < 1327良
18年 1339良 < 1341良
17年 1333良 > 1343良
16年 1354良 < 1340良
15年 1344良 = 1345良
14年 1359稍 < 1344良



こうやってみていくと牡馬牝馬のGⅠで時計はどっちが速いという傾向はなく、ほぼ互角のようにも映る。その理由はやはり『馬場状態』の影響が大きい。

たった1週の違いとは言え、連続開催が続く阪神では使われるごとの芝の傷みがかなり大きくなる。「1日だけで大きく変わる」と騎手も口にしているように、土曜が速くても日曜は急に時計が掛かることはしばしば。

月曜夜から火曜朝にかけて雨が降ったことで、阪神JFの時よりも速い馬場で行われる可能性は低い。となると、阪神JFが1分33秒1の決着に対して、今年の朝日杯はそれより遅い決着も視野に入る。そうなると、マイル以下で実績を出してきたスピード馬よりは、1800m以上で好走歴のあるスタミナタイプの馬が狙いやすくなる。昨年のドウデュースがそうだった。



③ノーザン系クラブは馬券圏内の実績多数も今年は参戦ナシ



朝日杯FSが阪神開催になってから8年が経つが、そのうち6回ノーザン系クラブが馬券圏内に好走している。


15年 リオンディーズ  ①着(キャロット)
17年 ステルヴィオ   ②着(サンデーR)
18年 グランアレグリア ③着(サンデーR)
19年 サリオス     ①着(シルクR)
20年 グレナディアガーズ①着(サンデーR)
21年 セリフォス    ②着(G1-R)



16年は牝馬のミスエルテ(サンデーR)が果敢に挑戦して1番人気に支持されたこともある(結果は4着)。このようにノーザン系クラブは毎年のようにこのレースに期待馬を送り込んできた。特にミスエルテやグランアレグリアをあえて牡馬相手に挑戦するなどしたサンデーRの積極的な参戦が目立っている。

ただ、今年はノーザン系クラブ馬の出走はなく、社台RHとオーナーズから1頭ずつ参加するだけ。来週のホープフルSにもサンデーRのキングズレインが1頭出走するだけで、今年の2歳馬では頂点を狙える存在が駒不足のようだ。



④阪神開催後はリーディング上位(10位以内)の厩舎の勝利が目立つ



2014年に阪神開催になってからの勝った馬の調教師の顔触れを確認頂きたい。いずれもその年の全国リーディング上位10位以内の好成績を収めていた厩舎なのが分かる。


21年・(栗)友道康夫 ドウデュース
20年・(栗)中内田充 グレナディアガーズ
19年・(美)堀宣行  サリオス
18年・(栗)友道康夫 アドマイヤマーズ
17年・(栗)中内田充 ダノンプレミアム
16年・(美)藤沢和雄 サトノアレス
15年・(栗)角居勝彦 リオンディーズ
14年・(美)国枝栄  ダノンプラチナ


以前の中山芝1600mで施行されていた頃は、そのトリッキーなコースから枠順や展開で紛れが起きやすかったが、阪神芝1600mになってからは実力馬が実力通りに力が発揮しやすく、厩舎の総合力がそのまま反映されやすくなっている。


今年のリーディング10位以内の厩舎は

ダノンタッチダウン 安田隆→全国7位
ドルチェモア     須貝→全国6位
コーパスクリスティ 中内田→全国4位
ミシェラドラータ  清水久→全国2位
ティニア      池江寿→全国3位


がスタンバイしている。いずれも今年を代表する厩舎ばかりで、この中でもダノンタッチダウンとドルチェモアは前走で重賞好走からも人気になりそうだ。これらの厩舎が勝てばまたしてしてもデータ更新ということになる。



朝日杯フューチュリティステークス2022予想
『前走時の情報チェック馬』
<12/15(木)更新>



分析班
水谷

GⅠなどの大きなレースでは、前走時に陣営がどんな思惑で使っていたのか、そして今回はどんな話をするのか、一連の流れを「線で見る」ことが非常に大事。いわゆる“縦の比較”ですね。木曜の更新では『前走時に注目すべき話のあった馬』をピックアップしてご紹介します。


前走情報チェック馬①

ダノンタッチダウン

安田隆厩舎(栗東)
川田騎手予定
戦績:1-1-0-0

【前走】デイリー杯2歳S2着

・余力残しで勝つ
前走時の情報・・・「初戦の内容は文句なし。内有利の中を真逆の競馬で勝ったのは強いの一言。状態面はまだまだでこれから良くなる馬だが、ここで掲示板とかでは困る。全力でGⅠに向かうためには余力残しくらいで勝たないとって気持ち。雨は嫌だったけど、良馬場なら弾けれると思う」

★今回の見所ポイント
→予定通りの賞金加算
→使っての良化が見込める



前走情報チェック馬②

レイベリング

鹿戸厩舎(美浦)
横山武騎手予定
戦績:1-0-0-0

【前走】新馬戦1着

・とにかく評判の器
前走時の情報・・・「ドバイのブリーズアップセールで買ってきた馬。この血統らしく反応が良く、かなりの器だと思います。これはイキナリから勝ち負けを期待してもいいでしょう。スタートが抜群に速いけど、調教師は初戦は逃げて競馬をしたくない性格だけに、指示を誠実に守るヨーロッパの鞍上に依頼してます」

★今回の見所ポイント
→差しでVは理想的
→昇級しても即通用の力秘め



前走情報チェック馬③

ティニア

池江寿厩舎(栗東)
福永騎手予定
戦績:1-1-0-0

【前走】2歳1勝クラス2着

・新馬から評価はまずまず
前走時の情報・・・「デビュー前の調教から走るの分かってたので、初戦は教えつつ下げて勝たせた。勝ち方は案外だったけど、ここ目標に動きが凄くイイ。ゆくゆくは短いところになりそうな印象だけど、2~3歳まではマイルくらいまではなんとかこなせるようにしたい。フランケルの子にしてはテンションが上がってないのがいい。」

★今回の見所ポイント
→やや短距離志向の印象
→控える競馬で距離は守備範囲




朝日杯フューチュリティステークス2022予想
『僕ならこう乗る!』
大西直宏の注目馬

<12/16(金)更新>



当社の専属アドバイザーで元JRAジョッキー・大西直宏氏が「自分で乗ってみたい穴馬」を1頭ピックアップ。その馬をどう乗って一発を狙うか?元乗り役ならではの考えや戦略を披露します。



大西直宏の注目馬

レイベリング

鹿戸厩舎(美浦)
横山武騎手
戦績:1-0-0-0

先週のリバティアイランドの乗り方が理想


先週の阪神JFではリバティアイランドが快勝してニューヒロイン誕生。時計も勝ちっぷりも文句ナシでクラシックの主役に躍り出ました。現時点で『断然の1強』と言ってよく、三冠も視野に入って来年がとても楽しみになりました。

さて、今週は同じ舞台で牡馬の朝日杯FSが行われます。昨年はハイレベルの一戦となり、掲示板に乗った5頭のうち4頭が後にGⅠ馬となりました。ホープフルSがGⅠに格上げされて、皐月賞を目指す馬はそちらに回る傾向が強まり、朝日杯はどちらかと言えばNHKマイルCを目指す馬の争いという方向性が色濃くなってきましたが、昨年はここから2頭のクラシックホースを輩出。引き続き目が離せない重要な一戦です。

今年は1400mからの参戦馬が多く、先週同様にハイペースで展開される可能性が高そうです。適度に荒れてきた馬場を考えても、展開面では末脚のシッカリした差しタイプが注意ですね。

特注馬はレイベリング。先週の阪神JFでも1戦1勝馬シンリョクカが2着に好走して波乱の片棒を担ぎましたが、同じ東京1600mで似たような勝ち方をした同馬に一発ムードが高まります。新馬前から陣営の評判が高かった外国産馬で、2戦目で更なる上積みが見込める今回は不安より期待のほうが大きいですね。

1戦1勝馬はまだ脚質も固まっておらずどんな乗り方もできますが、僕はこの馬の末脚を生かすべく、中団の外目から直線を外を通る乗り方を考えます。そう、イメージするなら先週のリバティアイランドの乗り方ですね。あの乗り方なればこの馬の末脚は存分に引き出せるのではないでしょうか。



週末は、
コレさえ読めば新聞要らず!

WORLDでは12/16(金)夜から
『重賞出走馬・直前情報』をサイト内で公開!

今週末は
『朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)』
『ターコイズステークス(GⅢ)』


過去の傾向や好走データを分析した後は、今年の出走馬が『どのような過程で出走して』『関係者がどのような感触・本音を抱いているのか』が大事。スポーツ紙・専門紙とは一線を画する情報力を有するWORLDの真骨頂はココからです!

サイト内では、メンバー登録をしていただいている方限定で、レース前日夜から、有力馬の今回の裏話・中間の過程を網羅した『重賞有力馬事前情報』を、そして当日には『最終決断(推奨買い目)を、それぞれお送りしております。ぜひとも、馬券の参考になさってください!




PAGE TOP