WORLD競馬web

菅原章友の常勝理論

1ptプレゼント付
『先週の振り返り』東京2-4週目の分析

『先週の振り返り』東京2-4週目の分析

菅原です。

先週はマイルの女王決定戦ヴィクトリアマイル。結果はご存知の通り、アッと驚く伏兵テンハッピーローズの勝利だった。

まずパドックから振り返ると、一番良く見えたのは4歳馬のモリアーナ。馬体の張りが素晴らしくパンパンに映った。落ち着き払っており気配は間違いなくデビュー以来一番。続いて、マスクトディーヴァ。トモの張りの良さも目を引いた。そのため踏み込みも実に力強く映っていた。その他ではフィアスプライド、ウンブライルも良かった部類。そしてテンハッピーローズも好気合で踏み込みも力強く見えた。

テンハッピーは1400mがベストであるし、前走でマスクト、ウンブライルに完敗。なかなか買い要素は少ないように思えた。人気が示す通りだろう。しかし、本来は左回りで切れ味を活かす馬で、距離以外ベスト条件であった。それにしてもこの完勝は驚きでしたがない。個人的には大波乱が起きた数年前のミナレットの時と同じくらいの衝撃。

それはさておき、ずっと苦労してきた津村の大業はとても嬉しい。過去にGⅡ勝ちさえなかっただけにさぞ嬉しかったであろう。母上が中山の記者席で記者の世話をしてくれていた縁もあって、デビュー当時から応援していただけに自分も嬉しく思えた。そういえば綺麗な母上であったなぁ…。津村がデビューした時の嬉しそうな顔が思い出された。

話を戻して、人気を集めていた両頭は共に力を出し切れなかった。マスクトディーヴァはほとんど詰まりっぱなし。苦し紛れに内に行って最後だけは追えたが、かなり残念な競馬と言える。状態の良さが目立っていただけにさぞ悔しかったであったろう。

ナミュールに関しては発馬からして失敗であったが、ほとんど追えず終い。さすがに帰厩10日での競馬で万全とは言えない気配であったが、それでも特に減点材料もなく力は出せる気配と思えた。それだけに断然の実績から好勝負になると踏んでしたが、競馬は難しい…。

結果は6歳馬のワンツー。マスクドは不利だが、モリアーナは不利もなく7着、ドゥアイズも流れに乗ったと思えたが4着がやっと。ハーパーに至ってはシンガリ負けである。やはり危惧していた通り現4歳勢は牡馬のみならず、牝馬もレベルが低いのかもしれない。


東京の馬場状態について






東京4週目も週中に雨が降り続いて、毎週似たような状況。土曜から良馬場発表ではあったが、含水率は高めで稍重に近いところ。そのため土曜のダートは時計が速めで先行馬が活躍した印象。芝は先週よりBにコース替わり。内の傷んでいた部分が仮柵にて覆われた。しかし含水率が高いためか時計は良馬場の推定に近いもの。コース替わり、良馬場でも極端には速くならなかった。

脚質はさすがに先行有利の印象が強かった。土曜の日差しが強かったことと強風が吹いたことで、日曜は共に含水率が下がって乾燥に近い数値に。しかしダートの時計は土曜とほとんど変わらない速めの印象。ただ、土曜よりは差しが利いていた。芝の競馬も土曜同様の推定に近い時計。後半は幾らか差しも決まり出した印象。

今週も芝は引き続きBコース。恐らく時計は極端には速くならず、推定に近いものと見る。使われ毎に外差しが決まるようになって行きそう。ダートは雨次第であるが、乾いていれば水準の時計で比較的差しが決まりやすいと見る。


東京4週目から次走狙い馬


このコンテンツの続きを
ご覧いただくには
無料会員登録が必要です。

下記のボタンをクリックして空メールをお送り下さい。すぐに【WORLD競馬WEB】から確認メールが届きます。

※既に会員登録がお済の方はログインして記事をご覧ください。




【!】確認メールが届かない場合は?

受信フォルダ以外にも[ごみ箱]などの別フォルダにメールが届いている可能性もありますので、もう一度確認下さい。

■Yahoo!メール、Gmail、その他フリーメールの方は

フリーメールをご利用の方は、確認メールが遅れて届く場合がございます。
また、受信フォルダ以外にも別フォルダ自動的に振り分けられて届く可能性もありますので、別フォルダもご確認下さい。


■ドコモ・au・Softbankのメールの方は

別フォルダにも届いていない場合は、ドメイン指定受信の設定(受信許可リスト設定)で[ wkeibaw.net ]を受信できるように設定し、再度空メール送信して下さい。


【お問い合わせ】
サポートダイヤル
└TEL:03-3366-1333
Eメール
world@wkeibaw.net

Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP