WORLD競馬web

菅原章友の常勝理論

1ptプレゼント付
『先週の振り返り』中山1-4週目の分析

『先週の振り返り』中山1-4週目の分析

菅原です。

いつものように先週の振り返りから。

先週は東西でGⅡが2鞍。まずは中山のアメリカJCC。勝ったのは5歳馬ノースブリッジだった。勝因の一番に上げられるのは岩田康の好騎乗だろう。内のポケットをすぐに確保し、他馬が動いた時にもじっと我慢。ロスを最大限に抑えたことで最後の踏ん張りに繋がった。予想以上に緩い流れとなったことも味方したか。

逆に案外な結果に終わったのが、1番人気のガイアフォース。セントライト記念で見せた長く良い脚を使うという特長がスローペースで発揮できなかった。結果論であるが、もっと積極的な競馬をするべきではなかったかと思える。

ユーバーレーベンに早めに捲られてから、リズムが悪くなったようにも見えた。菊花賞で内に閉じ込められて苦しんだ後遺症が、外から被されたことによって再発したのかもしれない。それ以前に昨年の菊花賞組はレベルが低いと思っていただけに、過剰人気であったような気もする。もちろん今回の姿が本来のものではないと思うが…。

また、正月休みもあったが、鞍上であったルメールも今年はまだ3勝。他でも人気馬でコケるシーンが多々見受けられた。ちょっとリズムが悪いもよう。今週からの馬券検討にも注意したい。


一方、ダートのGⅡ東海Sはヴァンヤールの落馬がレースに大きく影響した。後続がカラ馬を気にして動きづらくなった印象。そのためにペースが落ち着いたままとなった。勝ち馬プロミストウォリアにはまさに理想的な展開に。鞍上ムルザバエフは暮れのホープフルSに続く重賞2勝目となったが、積極的な先行策でうまく重賞で好結果を出している。

また、カラ馬は直線で2着ハギノアレグリアの邪魔もしており、最後は川田も追うのを諦めたように見えた。まともだったらもう少し勝ち馬と際どい差になっていたように思える。ハギノにとっては不運だったが、これで重賞連続連対。この馬もタイトル奪取は時間の問題だろう。


中山の馬場状態について






中山最終週は週中と金曜の朝方に降った影響で、芝、ダート共に稍重でのスタート。芝はあまり影響なさそうに見えたが、使われる毎に外が伸びやすくなっていた印象。それでも日曜9Rのようにペースが上がらなければ先行決着もあり、最後までほぼ内外互角と思われた。時計は週を通して水準に近い印象だった。

ダートは稍重の土曜でも時計は水準並み。土曜は強風のせいか1200m戦は前半がかなり速くなり、逆に直線は向かい風となるため終いがかなり掛かった。そのためトータルで水準に近い時計となったもよう。日曜も全体時計は水準に近いもの。思ったほど差しがきかず、先行有利の印象であった。


中山4週目から次走狙い馬


このコンテンツの続きを
ご覧いただくには
無料会員登録が必要です。

下記のボタンをクリックして空メールをお送り下さい。すぐに【WORLD競馬WEB】から確認メールが届きます。

※既に会員登録がお済の方はログインして記事をご覧ください。




【!】確認メールが届かない場合は?

受信フォルダ以外にも[ごみ箱]などの別フォルダにメールが届いている可能性もありますので、もう一度確認下さい。

■Yahoo!メール、Gmail、その他フリーメールの方は

フリーメールをご利用の方は、確認メールが遅れて届く場合がございます。
また、受信フォルダ以外にも別フォルダ自動的に振り分けられて届く可能性もありますので、別フォルダもご確認下さい。


■ドコモ・au・Softbankのメールの方は

別フォルダにも届いていない場合は、ドメイン指定受信の設定(受信許可リスト設定)で[ wkeibaw.net ]を受信できるように設定し、再度空メール送信して下さい。


【お問い合わせ】
サポートダイヤル
└TEL:03-3366-1333
Eメール
world@wkeibaw.net

Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP