WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

リスグラシュー鞍上はレーンに決定 ラヴズオンリーユーは有馬見送り

 レーンとのコンビで宝塚記念を制したリスグラシュー

 有馬記念(22日・中山)での引退を表明しているリスグラシュー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)の鞍上が、D・レーン騎手(25)=オーストラリア=に決まった。3日に、管理する矢作師が明かした。

 レーンは今春に初来日。短期免許期間は既に終了しているが、今年はリスグラシューとのコンビで宝塚記念、コックスプレートと国内外のG1を2勝。その活躍が認められ、有馬記念当日のみ騎乗が可能となった。

 矢作師は「ファン投票のレースですし、ファンが一番望んでいる騎手は誰かと考えた時、レーンとともにリスグラシューを見たいのではないだろうかと思い、JRAに特例での免許の申請をした結果、承認されました。認めていただけたので、JRAに感謝しています。引退戦なので、勝って有終の美を飾りたい」と語った。

 レーンは19日に来日を予定しており、当日のみ騎乗する。

 また、僚馬で今年のオークスを制したラヴズオンリーユー(牝3歳)は、視野に入れていた有馬記念を見送り、年内は休養することが決まった。「状態が戻り切らないので、来年に備えたいと思います」とトレーナー。今週中に滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出される。今後については「現状では未定ですが、春はドバイを目標にしたい」と見通しを語った。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP