WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【チャンピオンズC】ゴールドドリーム首差2着 平田師「今までで最高のレース」

 ゴールドドリームで2着に敗れ悔しがるルメール

 「チャンピオンズC・G1」(1日、中京)

 恐るべき無敗の3歳馬クリソベリルが、歴戦の古馬勢も撃破。デビューから無傷の6連勝として、ダート古馬・G1では史上初となる無敗戴冠を成し遂げた。一昨年の覇者で、1番人気のゴールドドリームが首差2着。逃げた3番人気のインティが3着に粘った。

 2度目のVは成らなかった。一昨年の覇者ゴールドドリームは首差の2着に終わった。

 位置取りは完璧だった。直線でも手応え良く、逃げるインティをかわしたが、最後に内から伸びた勝ち馬に屈した。1番人気に応えられず、「あ〜、また2着です」と天を仰いだルメール。「一生懸命に走ってくれた。自信はあったが…。勝った馬が強かったです」と勝者をたたえた。

 それでも現役トップのG1・5勝馬として、意地は示した。平田師も「勝ったと思ったけどな。勝ち馬とは斤量差(2キロ)もあるだろうけど。でも今までで最高のレースをしたんじゃないかな」と愛馬の労をねぎらった。次走は未定。「今後についてはオーナーと相談する。どうなるかは分からないけど、この時点で終わらせたくない気持ちはあるからね」と胸の内を語った。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP