WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ミスターメロディは年内休養

 「有力馬次走報」(12日)

 ◆香港スプリント・香港G1(12月8日・シャティン、芝1200メートル)の招待を辞退したミスターメロディ(牡4歳、栗東・藤原英)は年内休養。「また来年やな」と藤原英師。来春には高松宮記念連覇が懸かるが、「ドバイもあるからね」と次戦について明言は避けた。僚馬で京都JS2着のルペールノエル(牡9歳)は中山大障害(12月21日・中山、芝4100メートル)へ。

 ◆エリザベス女王杯を制したラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹)は14日に、5着クロノジェネシス(牝3歳・栗東・斉藤崇師)は13日にノーザンファームしがらきへ放牧に出される。ともに次走は未定。

 ◆マッキノンS・豪G17着のスズカデヴィアス(牡8歳、栗東・橋田)は、リステッド競走のバララットC(23日・バララット)へ。鞍上は未定。僚馬で既に香港C・香港G1(12月8日・シャティン、芝2000メートル)の招待が届いているディアドラ(牝5歳)に、香港ヴァーズ・香港G1(同、芝2400メートル)の招待も届いた。

 ◆武蔵野Sで重賞初制覇のワンダーリーデル(牡6歳、栗東・安田翔)は、引き続き横山典でチャンピオンズC(12月1日・中京、ダート1800メートル)へ向かう。2着タイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田)も同レースへ。10着グルーヴィット(牡3歳、栗東・松永幹)は放牧。11着エアアルマス(牡4歳、栗東・池添学)は年内休養。来年のフェブラリーS(2月23日・東京、ダート1600メートル)を視野に入れる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP