WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

武豊も感慨 阪神競馬場開設70周年式典

 JRA後藤正幸理事長(右端)らと鏡開きをする武豊・日本騎手クラブ会長(左から3人目)

 阪神競馬場の開設70周年(1949年12月3日開場)を祝う記念の植樹式が11日、関係者を集めて盛大に行われた。阪神馬主協会会長の木村昌三氏、JRAの後藤正幸理事長、植田克己・阪神競馬場場長が枝垂れ桜の『ヤエベニシダレ』を植樹した。

 その後に兵庫県宝塚市内のホテルで開かれた記念式典には、180人の競馬関係者が参加した。鏡開きを行った武豊・日本騎手クラブ会長は「初騎乗、初勝利も阪神だし、父の思い出もたくさんある競馬場。(JRA通算の)2000勝、4000勝、4100勝も阪神ですからね。これからも、のちのちに残るレースを勝っていけたらと思います」とコメント。長い歴史に感慨深げだった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP